次のコンサートのご案内 6月12日(水)教員によるSOAI CONCERT 6月16日(日)関西ピアノフェスティバル 6月29日(土)サンセットクラシックス in 沖縄

2023年11月10日 正しい指導を受ければいくつになっても成長できる

11月とは思えない暑さが続いていましたが

大阪は昨日から雨模様で気温もグッと下がりました。

来週は一気に12月並みの寒さになるとか。

激しい寒暖差に体調は皆様大丈夫でしょうか?

くれぐれも暖かくして風邪ひかないように気をつけてくださいね。

ところで私の実家には8歳になる柴犬がいます。

超可愛い顔をした女の子なのですが

(もう8歳なので人間で言えば私と同じくらいのおばはんですが)

20231110173411cdd.jpeg

この子、残念なことに性格が悪い(苦笑)

飼い主である母の言うことを聞かずわがまま放題で

ハウスしない。

入ったらダメと言っている部屋にも入ってくる。

なだけでなく噛む。

「撫でて撫でて」と甘えてくるのに

自分の気が済んだら「触ってくんな」と噛む。

散歩に行くためにリードをつけようと首元に手を持っていくと噛む。

一番噛まれているのは飼い主である母で

噛みつかれて怪我をした母を2度救急病院に連れていったこともあります。

私も手足噛まれた経験あり(;_;)

今まで飼った歴代の犬たちはそんな問題なかったのに

(おっとりしてたし、いくらでも撫で回せた)

柴犬という犬種のせいなのか

元々の性格のきつさのせいなのか

甘やかされて付け上がったせいなのか

可愛いのだけど何が彼女の怒りの琴線に触れるのかが分からなくて

いつ噛まれるか分からないという

大変スリリングなワンコです。

この困ったワンコの世話に手を焼き

これからも一緒に生活していくことに自信を失いかけていた母は

この子をプロの手でしつけ直してもらう決心をしました。

そして訓練のために3ヶ月預かっていただくことに。

「もう8歳なのでどこまでできるか分からないけれど

少しでもお母さんとワンコの生活が穏やかで平和になるように

全力を尽くしますね」

と言って引き受けてくださったドッグトレーナーさんの所へ行って早2ヶ月。

先日そのトレーナーさんのインスタに

ハウスができるようになった我らのワンコの動画が!

ケージに入れるのに毎回ひと騒動だったうちの子が

ハウスと言われただけだ自ら進んで入っていく姿に感動!

ちゃんと犬の生態や性格を理解して

正しくしつければ

何歳になっていてもいい子になるのだなと思いました。

つい甘やかして

取り扱いを間違えて

犬の悪い面を助長させていたのは私たちなのだなあと反省もしています。

私のピアノ教室には現在小1から70代後半までの生徒さんがいます。

犬と一緒にするわけではないですが(笑)

それぞれの問題点を見抜き

解決策を考え

それぞれの理解力、器用さ、性格に応じた伝え方、教え方で導いていかないと

ピアノを嫌いになったり

言うことを聞かなくなったりしてしまう。

でもそれぞれの資質や興味を見極め

根気よく、楽しめるように、達成感を感じてもらえるように指導していくと

ピアノを好きになり

自主的に練習するようにもなり

どんどんと成長していってくれます。

大人の方はそれまでの癖があったりして

その分真っ白な子どもより回り道をしなければいけないこともありますが

納得のいくレッスンを私がご提供できれば

もともと向上心を持ってレッスンに来られているので

私の言うことをどんどん吸収して、良い変化を遂げていってくれます。

ピアノの上達を通して

音楽とともに心豊かに幸せに生きる未来を得ていただくために

その責任をピアノ指導者として果たしていくために

それぞれの人にとっての「正しい指導」を

うちのワンコを更生させてくれるトレーナーさんのように

していきたいと改めて思った次第です(笑)

私自身の指導スキルもアップさせていく努力を

これからもしていきたいと思っています。

そして生徒さんたちとピアノを楽しみながら

一緒に成長していきたいといつも思っています!

私のレッスンにご興味ある方

下記のサイトをご参照ください。

体験レッスン随時受付中です!↓

https://seikomiyamoto.com/lesson/

オンラインレッスンにも対応しております。

オンラインレッスンはこちらから↓

https://line.me/R/ti/p/%40241jaytc

今月末にワンコは帰ってくる予定です。

だいぶいい子になっているみたいですが

私たちが(特に母が)ワンコを家でも正しく取り扱わないと

また元のわがまま姫にに戻ってしまうので

このトレーナーさんは私たち飼い主の指導もしてくれます。

お互いの幸せのために私たちも学ぶことをしていくつもりです。

今回はあまりピアノに関係ない話でしたが

最後までお読みいただきありがとうございました。

向寒の折皆様どうぞご自愛ください。

目次